製造

丸栄タオル株式会社の製造風景写真

生み出す感動を、あきらめない。

私たちは、使う人の心地よさをとことん意識し、肌触りや風合いにこだわったタオル創りをしています。
そのために原材料にこだわり、優れた設備を駆使しています。
また、SPA事業を展開する当社では、小ロット多品種に対応できる設備を備えています。小ロット生産やサンプル作成を可能にする「サンプル整経機」、あらゆる色や柄を1枚からプリントできる「インクジェットプリンター」。「タオルでこんなものができないか」というオーダーもおまかせください。

これまでの今治タオルの伝統と培われた技術を守りつつ、さらに今までにない新たなタオルを創る。
丸栄タオルでは、「真面目なものづくり」の思いが日々大切に活かされています。

原材料のスーピマオーガニック写真

01 糸の仕入れ

原材料のスーピマオーガニック写真 原材料のスーピマオーガニック写真

タオルの基本は肌触りと吸水性に優れていること。だからこそ、私たちは原材料である綿にこだわります。
例えば、高級綿と言われているエジプト綿は商社を介さず、独自のルートで輸入しています。

商品・デザインのサンプル一覧の写真

02 デザイン・企画

デザインの画面 デザインのサンプルの写真

お客様のご要望をお聞きして、商品の詳細を打ち合わせします。
サイズ・柄・色を決めます。

糸染めの写真

03 糸染め

糸染めの写真 糸染めの写真

糸を染色機にセットして、圧力をかけて染色液を流し込み、染色します。 多彩な色の糸に染め上げることができます。

織りの写真

04 織り

織りの写真 織りと職人の写真

織りは「整経」から始まります。糸を整えて巻き取り織機につなげます。職人の手で一本一本、織機にかける準備をします。
糸には微妙に太さにバラツキがあり、職人の長年の経験と勘が活きる手作業です。
その後、織機で縦糸とヨコ糸を交互に織り込みます。
製法に応じて数種類の織機で織り上げていきます。

のり抜き加工の写真

05 のり抜き加工

織りあがった反物に、のり抜きの加工をします。
今治に古くからある加工会社との連携で、肌触り・吸収性の良いタオルが出来上がります。

仕上げの写真

06 仕上げ・縫製・検品・出荷

縫製の風景写真 検品・出荷風景の写真

耳巻き・カット・ヘム縫い
タオル生地の耳を巻き、裁断し、ヘムを縫います。
一枚一枚丁寧に検品をし、キズや汚れがないものを出荷します。

太陽光パネルの写真

丸栄タオルはエネルギー問題にも着目し、2012年に太陽光発電パネルを今治本社工場の屋上全面に設置しました。
豊かな太陽の恵みを受け、エコな製造体制を構築しました。